スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしも時間を止められたら


 高校くらいからだったかな、中学くらいからかな?


 自分の好きな時に、時間をとめられたらなって、結構本気で思ってました。

 それは今も変わらなくて、猛烈に眠い時とか切実に疲れてる時とかシリアスな場面でトイレ行きたくなった時とか、すごく時間を止めたくなります(めっちゃ自分の都合;;


 テストや模試の時、ああ今時間をとめてカンニングしまくりたいとか本気で願ったものですが、時間が止まっている中で、果たして私は普通に動けるのだろうかとか、

 だって時間が止まってたら空気の時間も止まってて、そしたら息できないじゃないですか。

 スイッチ押したりティッシュ取ったりドア開けたり本読んだりできないし、そんなんじゃ意味ないし。


 そして、もし本当に自分の好きな時に時間を止められる人がいたりしたら、今この瞬間もその人が時間とめてたりするかもですよね?

 私は止められる側の人間だから気付かないんですよ。



 とかとかどうでもいい事を考えていたりとかして、私は昨日、もっとも決定的な事実に思い至った訳です。






 もしも皆の知らない間に、自分の好きな時に時間を止められたりできてしまったら、




 皆の時間なんか関係なく眠い時に昼寝とかできて、カンニングできて、ご飯食べれてトイレに行けて、バイト先のケーキをつまみ食いできたりとかしちゃったら、






 皆の知らない間に、皆の知らない時間を私だけ過ごす事が、本当にできてしまったら、







































 私、皆より早く老けることになりません?










 女の子にとっては大問題です。


 時間なんて止められなくていい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

紅茶あめ

Author:紅茶あめ

絵やイラストを愛する女の子です。でももう女の子と名乗るのはキツいかも知れない……!

色んな事が好きすぎて結局空回ってばかり、しかもウザがられるイタイ子です。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。