スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵が、

描きたい描きたい描きたい描きたい描きたい描きたい


 今日のデッサン教室とその後の自主制作でいい感じにフラストレーションが溜まってきました。良い兆候です。
 やっぱ自分にエネルギーがなきゃ描けないんで。。
 ぼんやりしてるときに描いたってぼんやりな絵にしかならんし。



 めんどーくさいけど、次回からデッサン教室用に毎回参考資料を描くことになりました。

 今までもちょこちょことやってたんだけど、一緒にちょろっと描いてるだけじゃ生徒さんたちも見に来ないしね。自分の絵に精一杯って感じ。


 まぁ、これがお手本、とか言う訳じゃ全然なくて、『こう言う風な完成形もある』って事に気付いてくれたら、と思います。

 もう一人の講師の子も、善処して用意できるようにするっつってたけどきっと無理だろうなぁ……グループ展の絵やんなきゃだって。そんなん私も一緒だがや

 でもやっぱ、今私がこう言う風に絵を描けてるのって、予備校で先輩達が描いてた絵を見てたからなんだよね。あ、こう言う風にするほうがこれっぽく見える! って憧れて。


 やっぱり、絵みたく自分が好きでやってるものについてああしなさいこうしなさいって言われるのってウザいと思うんですよ。
 そう言うやり方的なものって本見りゃ載ってるし。
 円を書くなら補助線はこう、とか立体の影がどうとか構図とか。。

 折角好きなことを、わざわざ山の上の大学まで来てやってるんだから、好きなように描いてほしいし描かせてあげたい。その為に困ってることがあるならどんなんでも手助けするし。そう言う仕事な訳だし。


 ただ、やっぱり自分がやりたい表現に近づくために、色んな人の描き方や作品を見るのってすごい良い経験だと思うし、まぁ、ホントにお手本じゃなくて参考って感じで、見てもらいたいな。





 例えば『星空を描きなさい』って言われたとき、それを描くのは割りと簡単なんじゃないかと私は思うのね。
 
 乱暴に言ってしまえば、画面黒く塗ってシロポチつければ星空には見えるじゃん。

 ただ、それを自分がどう感じてどう表現するかってのは全てそれぞれの手にゆだねられるべきことで、そこに優劣はあっちゃいけないと思うのね。
 これは上手な星空の感じ方ね、とか、聞いたことないじゃん。

 同時に、星空っつっても星座図描いてるわけじゃないから、星がどの位置にあるかとかはあんまり私は重要でもないような気がする。

 単純に『綺麗な星空』よりも、その子がその星空を見てどこをどう気に入ったのか、どんなことが描きたくてこの構図にしたのか、が読み取れる絵って、見てると楽しいし共感できる。


 だから、自分の絵を『好き』とか『良いね』とか言ってもらえるとものすごい幸せ。 だってそれって、私の感じ方やセンスを褒めてくれてるって事でしょ?

 私が私であるからこその感じ方を褒めてくれる、私が私であることを『そこが好き』って言ってくれる、それは本当に得がたい幸福だと思います。


 生徒さんたちが自分の思う良い絵が描けるように、精一杯お手伝いしたいと思います。。



 ……紅茶あめは、今日も頑張る。

 それにしても今日の日記は恥ずかしいこといっぱい書いたな;;
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

紅茶あめ

Author:紅茶あめ

絵やイラストを愛する女の子です。でももう女の子と名乗るのはキツいかも知れない……!

色んな事が好きすぎて結局空回ってばかり、しかもウザがられるイタイ子です。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。