スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百合の花


 いや、別に女の子同士で怪しいことにはなってないです(何


 日本画のアトリエに、今百合の花がいっぱい来てて、今回の課題がそれなんです。
 五月中に二枚描きたい……

 いや、参考資料的なデッサンやクロッキーは色々してるんですけど、本格的にそろそろやりたいなって。明日あたりやろうかな。まずは小下図。


 その資料的試し描きを、ほっそいペンでやってるんです。たのしい。

 鉛筆とちがって誤魔化しが効かない緊張感があります。
 鉛筆って線の太さや強弱、影で随分誤魔化せちゃうんだょね;;
 
 でも線の一本一本がすごく鋭くてはっきりしてるから、すごく格好良い。きちんと形を追える事前提なんだけど。。
 シルエットが見えればよいという話でもなく。奥が深いです。



 どーでもいーですが、アトリエ内ではナースサンダルを履いている紅茶あめ。ヒール履いていくんだけども、制作しづらいし汚したらヤだもん、お気に入りしか履かないから。。
 アトリエ内で相当くつろいでいる紅茶あめ。

 数人に『あめちゃんがナース服着たらエロそう』と言われましたが、なにか(笑
 別にナースサンダル履いてるからって服まで着ないよ!!



 そんなこんなで、とりあえず毎日なにか絵を描こうと決意した紅茶あめ。
 来週からまた土曜デッサン教室が始まります。前回一緒に講師をしていた子はやめちゃうので、新しく一年生の子を先生が釣り上げました(笑
 体育会系っぽくて可愛い子でした☆ 先輩風吹かすつもりないし、仲良く出来たらイイナvv

 あと、喫茶店のバイトをやめたので制服を返しに行きました。
 描いてって言われていた風景画を店長に渡し(でも私、風景画ってあんま好きくないんよね;;)なぜかコーラをいただいて帰宅。


 今日も頑張る紅茶あめ。明日もきっと頑張る。。

絵画テーマ演習。


 イラストレーションの話なんです。


 あ、えーと、タイトルの『絵画テーマ演習』っていう授業がね;;



 イラストレーションって言うと一般の方たちはどんなのを想像するのかなぁ、コミックの表紙みたいのとか、アニメ映画のポスターみたいのとかかな?


 んっと、イラストレーターが仕事にしているもの、って言ったら、ちょっとはイメージ変わるかな??

 んーっとね、例えば布地の柄とか、メモパッドの絵柄とか、お菓子のパッケージとか企業が作ってるカレンダーとか、規模の小さい専門雑誌の表紙とか、そう言うのの写真じゃなくて人が作ってるもの。描いているにしてもCGで作ってるにしてもね。
 あれら辺りをイラストレーションって言うみたい。レターセットとかさ。。


 絵画テーマ演習ってのは、そのイラストレーションをやる授業で、講師の先生もフリーのイラストレーターとして活躍されてる方なんだけど、イラストレーターって勿論自分の絵柄や世界観で勝負と言うか生き残ってる人なんだけど、だからって好きなものばっか描いている訳ではなく。。

 例えば企業とかメーカーとかから依頼を受けて、打ち合わせをいっぱいして、製品(作品じゃなくて製品って感じがする、紅茶的には。。)のコンセプトや対象年齢にスポットを当てて制作する、と言うものらしい。

 なんつーか、作家とかの作品は自己満足な部分が多くて、それに共感する人たちや専門職の方たちが評価するって感じだけど(絵画活動をしている紅茶あめの個人的主観です、だからって作家が○○、イラストレーターが○○、とかではありません)
 イラストレーターが作る作品は工業的、商業的価値と言うか収益がモロに絡んでくるから、だから紅茶的に『製品』って感じなのかも。。

 絵画、絵、の領域の中でもデザインの分野にすごい近いんじゃないかなーって思います。


 今皆が目にしているのもで、デザインされてないものってあんまないんじゃないかな。
 パソコンにしろサイトやブログにしろ家具にしろペンにしろ、誰かが、あるいは誰か達が性能や機能性や使いやすさ見た目をデザインしている筈なんだよ。『軽い書き味!!』とかね。その書体がイラストレーションだったりとか。

 看護学校の敷地内に絵画・デザインコースの建物があって、車椅子のデザインとかしていたりする。



 で、そう言う話の締めくくりに先生が、『例えばいきなり『対象年齢2,3歳の商品にイラストを描け、って言われたら困るでしょ? だから常にアンテナを張って色んな情報を吸収しなさい』みたいな事言われたんだけど、私はそれがひっかかって。。

 『2,3歳対象』って聞いたらなー、なんか玩具とかデフォルメされた動物のイラストとか浮かんできて、私はそれがすごいひっかかって。
 なんか、オトナがあからさまに『象さんってこういう動物なんだよー』って固定観念を植え付けてる感じがして。。

 イラストの象さんって可愛いけどさー、本物みたら可愛いかどうかは微妙やん。怖いやんアレ!! おっきくて!!(紅茶あめの主観の話です)
 水色で全体的にまぁるくてさー、くりくりお目目で耳と鼻がおっきくてさー、ちょろんとしっぽついてたりして可愛いよ。

 でもそう言う象さんに囲まれて成長してきた子ってさー、『象さん描いてごらん』って言ったら、その今まで見てきたデフォルメイラストな象さんを描くと思うのね、紅茶あめは。
 動物園行って本物の象さんみた後でもデフォルメ象さんを描くと思うの。

 大人はこぞって子供たちに『象さんはおっきくてお鼻がびよーんて長いんだよぉ~』って教えてるけど、実際その子本人が受ける本物の象さんの第一印象って違うかも知れないやん。
 『くろーい!』とか『くさーい!』とかかもしれないやん。

 でも子供たちに後から感想を聞くと『おっきくてびっくりした』とか『長い鼻を器用に使っててすごかった』とかになってるのね。



 イラストにおいて、『解り易さ』ってすごい必要だとは思うのよ。すごくね。2,3歳の子にいきなり象の皮膚の微細な描写を見せても意味わかんないと思うし、生物学的に子供の視界って大人とは違うらしいし。。
 でも『大人』が作って『大人』が買って『子供』に与えられる製品や商品とかが、子供の自由な感受性にブロックをかけちゃわないかなって紅茶あめは思うんだよ。。

 一度『象さんはこういうもの、こうあるべきもの!』って思い込んじゃった子ってさ、他の子が『そうじゃない象さん』を描いた時、責め立てたりとかしちゃいそうってあめは思う。子供って残酷だからさー、私自身そうやって苛められた思い出があるからさー、いや、現代の象さんに関する幼児教育になんのかんの言ってる訳じゃないんだよ、大人が子供に押し付けるイラストが子供の自由発想を阻害する可能性があるんじゃないかと憂いているの。

 だって子供のうちは皆親が買い与えるじゃーん。子供が自分から欲しいって言い出す物だってCMとかテレビ番組とか大人の策略じゃーん。




 …………とか、第一回目の授業で紅茶あめは早くもジレンマに陥りました。やってけんのかよ!!


 でもテーマにそってイラスト描くのはすっごい楽しそうなんだ。。
 『対象年齢30~50代の女性で、音楽雑誌の表紙を描きなさい』とかさ。すっごい面白そう。。

 これだけ色々考えられる授業って絶対身になるし凄く貴重だと思おう。そんな経験ができるこの大学は凄いと思うし、無駄にはしたくないな。
 色々考えながら成長していくもんだし。難しい授業だけど『面白そう』って気持ちで臨めるって事はすごく幸せだと思う。。



 紅茶あめは、今日も頑張る。




 (しかし、毎回ほとんど一発で書いている記事ながら今回読みやすいかが心配;;いつもすいません土下座
 

新しい年に


 なりまして、皆さんには去年多大な迷惑をかけつつも大変お世話になり、また今年も良い感じによろしくして行きたい所存でございます。礼っ!!



 えー、前回の日記から色々と日があきまして。。


 元旦は大学のある県に戻ってきてバイト。(喫茶店のウエイトレスなんだけどすごくきつかった)


 で、成人式があるのでまた実家に帰り、色々。

 お母さんが30年前に作った着物を着ました☆ なんか家族皆に感動されたり感激されたりちやほやされたりした(笑)女の子が成人式で着物着るって、すごい意味を持つんだなぁって思いました。。

 成人式自体も割りと楽しかったです☆ まぁあまり良い思い出もなかった面子だったりしたけど、やっぱお互いにオトナになったからか色んな人と割り合い楽しく会話できましたvv ビンゴゲームでマックの1000円券を当てました☆ひゃほーい☆☆
 同窓会も二次会も楽しんでしまいましたvv
 ぶっちゃけ個人的に遠慮したい人とかも居たには居たんだけど……わざわざ場の空気壊してまで不機嫌オーラ出してもしょうがないしね。。


 楽しかったなー実家大好きです。 親が何故かすごく優しくて『手伝うよ!!』って言うと断られる。折角実家に帰ってんだからだらだらしなさいって。それいいのお母さん(笑
 でもだらだらしてると色々な物が溶けてきて腐ってくる……なんかしないと確実に駄目人間になってしまうっ!って危機感が襲ってきます。
 そしてとりあえず絵を描く。絵ー描いてればなんとなく働いた気分になってきます。ぶっちゃけバイトよりも充実する。


 あと、こっち帰ってくる前の日にハネノちゃんとラブデートしてきました。スキッスしようぜ!!笑。スキあらばムリヤリ抱きしめようとするヤツでごめん(本当にな
 ドラゴンボールトークマジ大爆笑やし。ピッコロさーーーん!!!(そう言えば東京駅の八重洲口地下に『軽食喫茶ピッコロ』があります。神の啓示でお茶しました)4本指とか素敵すぎる。。触角触らせて下さい!!!

 あと、お互い講師のバイトをしてるのもあって話がとても面白かったです。国語について深く考えさせられます。。
 その後のカラオケも楽しかった。またいこーね!! って言うかマジおいでや私ン家に(強引

 ハネノちゃんは、可愛くて、好きだ。



 そして今日学校に行って、友達とかと久しぶりに会い色々話をした。絵についてー色々。。

 なんか、オリジナリティーとか独特の画風って言うか、作風って言うか、そんなんが猛烈に欲しいのですょ。たとえ線一本だろうとその人らしさが滲み出るような絵と言うか。。 それがなきゃただ単に『上手な絵』で終わってしまうし、それがあればデッサン力とかあんま関係ないんだよねーとか。センス? って言うの?? 猛烈に欲しい。


 とりあえず絵を描きます。ホームページの方、ほったらかしててゴメンナサイ!!

成人式の


 前撮りをしてきました!

 いや、25日のことなんですけど……今実家帰っててパソコンが思うように使えないんですよね。つーかほのぼのとしてしまってパソコンに構いたくなくなる(笑

 ちなみに今現在は学校がある一人暮らし宅に戻ってきてます。年末年始にこっちでバイト入ってるんですよ……



 で、前撮りなんだけども、立派な写真屋さんでヘアやメイクもプロにしてもらって着付けてもらって撮りました。。

 着物はお母さんの……何十年も前に作られたもの。二枚着ました☆ お振袖をねvv
 なんか、お母さんが若かった頃のとかおばあちゃんのとか、そう言う古いものを今私が使っている、とか、なんかロマンを感じます。古いもの好き。今化粧ポーチに入ってるコンパクトもおばあちゃんがお母さんに贈ったものを譲ってもらったvv (イイナーって言ったらママがくれた/笑


 可愛くしてもらっていっぱい写真撮ってもらって、楽しかったんだけど何がキツいってポーズがキツい!!

 普通に立ってるだけに見えるポーズでも着物の中はありえないことになってますからね……!!
 なんて言うか生物学的にありえないひねり方でしたょ;;


 同窓会とかで友達といっぱい話したいと思いますvv





 どうでもいいんだけど、同窓会とか友達とかで思い出したんだけど、なんか、アレなんだけど、交友関係において上手な距離を保つことってそんなに大事なの? って最近、と言うか昔の友達を思い出すと思います。
 気を遣って距離を測らなきゃ一緒にいられないような間柄って友達なんかなぁ。。
 って言うか言いたいこと言い合わない間柄って友達なの? とも思います……

 あーでも、普通の人達はそうなんかなぁ、私は美術系だからかな。。


 例えば学校のクラスメイトとか、何故か皆絵についての意見とかあまり言い合わない。社交辞令的に褒めることしかしない。
 自分の絵でも他人の絵でも、見てたら何かしら意見とかって出てくるもんじゃないの? って私は思っちゃうんだけど……
 誰も何も言わなくて、私はその状況はすごくおかしいと思うんだ。
 いっぱい色んな人と意見を交わしてぶつかり合って語り合って、そうした方が自分じゃ気が付かなかった所指摘してもらえたり世界が広がったりするじゃん。それって自分にとって喜ばしいことなんじゃないかなぁ。
 イタイところ突かれたり、ムカつかれたり嫌われたりするのが嫌なのかな、でも絵に対する意見で自分に都合悪いこと言われたらそれだけでその人嫌いになっちゃうの? それって違くない?? それとも『嫌われるの怖い』とかじゃなくて自分の意見に自信がないだけ??
 自分がこう感じた、こう思った、って事に関して自信って必要なの? 間違ってたりとかするの? 間違ってたら恥ずかしいの? え、恥ずかしいって何?
 自分が好ましいと思って好きだと言ったものを、他人に否定されたら、それを好ましく思うことは恥ずかしいの?
 それっておかしいでしょ。


 悪いけど、皆にはホント悪いけど、私は皆と仲良くしたいとか好かれたいとか嫌われたくないとかそう言う思いよりも絵がうまくなりたいって思いの方が強いから、もっと良い絵が描けるようになりたいって思いの方が強いから、絵に関しては言いたい事は言ってしまうし(勿論空気読んで自重するけど)意見を求められたら結構言ってしまうと思う。

 そう言うとき、私は一時的に『皆と友達である私』と言う立場を、結構捨てていると思う。
 って言うか、皆の友達であるよりは、私でいたいんだな。ホントごめん。

 だから、その後でまた、明日の朝おはようって挨拶した時、昨日のような反応は得られない覚悟で言う。
 そう言う事って、それほど大事だとは、私は思わないから。

 話せる友達だったらそこからどんどん話膨らむしね。本気で談義できる子は少ない。大切にしたいし、その子が私のこと好きって言って一緒に居てくれるのは本当嬉しいし。
 一緒に居るの苦じゃないし。別にいつだって楽しくなくて良いと思うんだ。他人であると言う事を気負わなくて良いと言うか、気を遣って会話探す必要ないと思うし。変に緊張するのヤだし(笑


 ナンカネー、昔クラスメイトと三人でディズニーランド行った時、『次なに乗るー?』って言うと、彼女ら『なんでもいいよ』『どれでもいいよ』としか言わないのよ。それでいて一通り廻ったからジェットコースターもっかい乗る? って言ったらぇええーーー??? だし。
 私、『じゃあ帰ろっか☆』って言って明るい内に解散したからね(爆笑


 相手に気を遣うのと、相手を尊重するのと、自分を押し殺すのって全部違うと思うし。思いやりってもっと別のものじゃないかなぁって、私は思っちゃいます。。


 友達と二人で出かけた時、道中彼女が色々話を振ってくれて、しばらくしてから『私もう今日のネタは全部使っちゃったから次はあめちゃん話して!!』って膝に手置いて完全に聞く体勢入られた時はどうしようかと思いました(笑)どうしよう、笑って良いの? みたいな(笑
突っ込んじゃ駄目か(切実



 だから、10年付き合ってるような友達に上手な距離とられて社交辞令言われたりすると悲しくなります。なにそれ、みたいな。

 私は、その人がそう言う人である事を、認めて尊重して人付き合いしていきたいと思ってるから、その人がどう言う人か解らないと付き合いらしい付き合いができません。本音隠されたりとかするとああそうですか、みたいな。


 ウチに泊まりに来てくれた子が、まだ食べたいのに料理の最後の一口を私にゆずってくれようとするのとかすごく困ります。困りすぎてなんで私をこんなに困らせるのか、しまいにはムカっ腹立ってきます(笑)
 アンタに食べて欲しくて作って出したのになんで私にゆずるんだよ! そんなことされるよりもおかわりを要求される方がずっと嬉しいです。



 上手な距離ってなんなの? それって大事なの? って思います。
 そんな事考えなきゃいけない間柄ってホントに友達なんかなぁって思います。距離と礼儀は別次元の話だし、相手が交友関係を良好に保てるレベルの人間なら礼儀や常識はわきまえているでしょう、一緒にフロ入るくらい距離が狭くても全然平気。一緒に寝れるよむしろ。。

 近づかない方が自分にとって良い、って言うような子もいるけど。本気で毒しか吐かない人種とかね。本当にいるんだよ、びっくりしたよ!!



 つらつら考えてたらこんな時間に。買い物行こうかな。。

絵が、

描きたい描きたい描きたい描きたい描きたい描きたい


 今日のデッサン教室とその後の自主制作でいい感じにフラストレーションが溜まってきました。良い兆候です。
 やっぱ自分にエネルギーがなきゃ描けないんで。。
 ぼんやりしてるときに描いたってぼんやりな絵にしかならんし。



 めんどーくさいけど、次回からデッサン教室用に毎回参考資料を描くことになりました。

 今までもちょこちょことやってたんだけど、一緒にちょろっと描いてるだけじゃ生徒さんたちも見に来ないしね。自分の絵に精一杯って感じ。


 まぁ、これがお手本、とか言う訳じゃ全然なくて、『こう言う風な完成形もある』って事に気付いてくれたら、と思います。

 もう一人の講師の子も、善処して用意できるようにするっつってたけどきっと無理だろうなぁ……グループ展の絵やんなきゃだって。そんなん私も一緒だがや

 でもやっぱ、今私がこう言う風に絵を描けてるのって、予備校で先輩達が描いてた絵を見てたからなんだよね。あ、こう言う風にするほうがこれっぽく見える! って憧れて。


 やっぱり、絵みたく自分が好きでやってるものについてああしなさいこうしなさいって言われるのってウザいと思うんですよ。
 そう言うやり方的なものって本見りゃ載ってるし。
 円を書くなら補助線はこう、とか立体の影がどうとか構図とか。。

 折角好きなことを、わざわざ山の上の大学まで来てやってるんだから、好きなように描いてほしいし描かせてあげたい。その為に困ってることがあるならどんなんでも手助けするし。そう言う仕事な訳だし。


 ただ、やっぱり自分がやりたい表現に近づくために、色んな人の描き方や作品を見るのってすごい良い経験だと思うし、まぁ、ホントにお手本じゃなくて参考って感じで、見てもらいたいな。





 例えば『星空を描きなさい』って言われたとき、それを描くのは割りと簡単なんじゃないかと私は思うのね。
 
 乱暴に言ってしまえば、画面黒く塗ってシロポチつければ星空には見えるじゃん。

 ただ、それを自分がどう感じてどう表現するかってのは全てそれぞれの手にゆだねられるべきことで、そこに優劣はあっちゃいけないと思うのね。
 これは上手な星空の感じ方ね、とか、聞いたことないじゃん。

 同時に、星空っつっても星座図描いてるわけじゃないから、星がどの位置にあるかとかはあんまり私は重要でもないような気がする。

 単純に『綺麗な星空』よりも、その子がその星空を見てどこをどう気に入ったのか、どんなことが描きたくてこの構図にしたのか、が読み取れる絵って、見てると楽しいし共感できる。


 だから、自分の絵を『好き』とか『良いね』とか言ってもらえるとものすごい幸せ。 だってそれって、私の感じ方やセンスを褒めてくれてるって事でしょ?

 私が私であるからこその感じ方を褒めてくれる、私が私であることを『そこが好き』って言ってくれる、それは本当に得がたい幸福だと思います。


 生徒さんたちが自分の思う良い絵が描けるように、精一杯お手伝いしたいと思います。。



 ……紅茶あめは、今日も頑張る。

 それにしても今日の日記は恥ずかしいこといっぱい書いたな;;
sidetitleプロフィールsidetitle

紅茶あめ

Author:紅茶あめ

絵やイラストを愛する女の子です。でももう女の子と名乗るのはキツいかも知れない……!

色んな事が好きすぎて結局空回ってばかり、しかもウザがられるイタイ子です。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitle最近のトラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリーsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleRSSフィードsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。